記事の詳細

インターネットが発達したことで企業における戦略のあり方なども大きく変わってきた昨今では、ネットを利用することで大手企業並みに利益を上げているような企業も数多く台頭してきました。しかし、ネットが発達した結果個人情報が流出するなどの問題が増加したことも隠しようのない事実であり、改善すべき重要なポイントでもあります。

株式会社No.1 辰巳崇之氏が代表を務めている株式会社ナンバーワンは、業務効率向上や経営支援、オフィス環境改善などオフィスに関わる様々なソリューションサービスを展開している企業です。辰巳崇之氏の同社は、これまで多くのクライアントにサービスを提供しており、沢山の企業から高い評価を受けています。そんな株式会社No.1 辰巳崇之氏は以前からインターネットを利用したマーケティングや販促活動に注目していましたが、それと同時に昨今増えているような個人情報流出、データ流出などの問題が起きることもある程度予想していました。

オフィスにおけるトータルサポートを業務としている辰巳崇之氏の同社では、こうした問題に対処するための業務も行っています。辰巳崇之氏の同社は外部からの脅威を遠ざけるためのネットワークセキュリティサービスを展開しており、現在多くの企業が辰巳崇之氏の同社を利用しています。具体的にはUnified Threat Management、通称UTMと呼ばれるシステムを導入することになりますが、このシステムを導入することによって外部のネットワークによる脅威から自社ネットワークを防御することができ、大切な顧客データや個人情報、機密情報の流出を防ぐことが可能となるのです。不正アクセスやウィルス対策などを一元化することができ、手間をかけずに社内ネットワークを防御する盾を手に入れることができるのです。

そもそも、会社からデータが流出することがそんなに大問題なのか、テレビのニュースなどでも頻繁に伝えられていますが、それがそれほど重大なことなのか、と考えている方もいるのではないでしょうか。確かに、それほど重要なことでないのならそこまで気にする必要はないのですが、実際には非常に重要でゆゆしき問題であるため多くの企業は頭を悩ませているのです。株式会社No.1 辰巳崇之氏自身、これまで様々な外部ネットワークの脅威と戦ってきた方ですからそれについてもしっかりと理解しています。

まず、企業からクライアントなどの個人情報が流出してしまった、抜き出されてしまったとしましょう。そうなるとどういうことになるか分かりますか?流出した個人情報をもとにクライアントを特定することができますし、そこから様々なアプローチを仕掛けることができます。つまり、クライアントの個人情報というのは企業にとっても宝物なのです。ただ、問題なのはそんなことではありません。クライアントの個人情報を外部から侵入した何者かに奪われてしまった、流出したとなると企業としての信頼が揺らいでしまいます。大切な個人情報をあっさり盗まれてしまうような企業をいったい誰が信頼するというのでしょうか。個人情報の中には住所や電話番号はもちろん、クレジットカードの番号なども記載されている可能性もあるのです。つまり、情報流出は企業として瀬戸際に立たされてしまう、窮地に陥ってしまうということです。

株式会社No.1 辰巳崇之氏は以前からネットワークセキュリティに関して憂慮していましたし、何とかクライアントのことを守りたいという考えで現在このような業務も行うようになりました。様々な外部からの脅威から守るためアプライアンスを導入し、これまでは個別に行われていた外部からの不正アクセス、侵入を試みてくるウィルスの識別、有害サイトへのアクセスブロックといった機能を一元化しています。すべての機能を一つにまとめた機器を外部ネットワークと社内ネットワークのあいだに設置することで、外部からの侵入をシャットダウンするのです。
一度でも不正侵入されてしまえば情報が流出してしまう可能性があります。たった一度侵入を許してしまうだけで企業としての信頼は地に落ちてしまいます。特に現在では多くの企業がインターネット上に公式ウェブサイトを展開していますから、より狙われるリスクは高くなるでしょう。しかし、こうした辰巳崇之氏のような対策を施すことによって社内ネットワークはすべて安心となりますし、オフィス環境をまるごと防御することが可能となるのです。導入するにあたってはそれなりのコストも発生してしまいますが、企業として窮地に立たされることと比べるとどちらがマシなのか容易に理解できるのではないでしょうか。

何度も言うように、たった一度でもシステムに侵入を許すだけで企業としての信頼は地に落ちてしまいます。そのような企業に何かを依頼しようとする人はいないでしょう。情報流出する前に外部からのネットワークへの侵入をシャットダウンする、これにつきます。株式会社No.1 辰巳崇之氏なら常に最適な提案もしてくれるでしょう。

株式会社No.1
http://www.number-1.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る