記事の詳細

紆余曲折があった藤村善行は一応恋人も、何人かできました。藤村善行は結婚願望が強く良い人がいたら早めに結婚したいと思っていたのですが、結婚に至る相手に出会えたのは29歳のことのことです。その後1年半ほど交際し、結婚。藤村善行は結婚において何より楽しみにしていたのが「新婚旅行」です。

藤村善行は奥さんに一応行きたい場所を尋ねたのですが、「ヨーロッパがいいな」との回答。藤村善行は「まりえはフランスに言ったことがあるから、東欧に行ってみないか」とたずねたところ、「きゃー、素敵。私プラハとか行ってみたかったの」との答え。
藤村は2週間ほど休暇があったことから、どういうルートで行けばよいか計画を立てることにしました。

藤村はいつもヨーロッパへ行く際、トルコ航空を利用していたのですが、トルコ航空は利用がとても便利であり、例えばトルコで入国したら帰りはプラハで帰るといった形で臨機応変に利用することが可能でした。新婚旅行もちょうどトルコ航空で空席があったので、ブルガリアinプラハ帰りで予約しました。

ブルガリアへは直行便はなく、トルコで乗りかえとなりました。まりえは機内食に感動していました。そう、トルコ航空は機内食がとてもおいしいのです。日本人の口にとても良くあっており、評判の良いメニューとなっています。

こうして2人の新婚旅行はスタートしました。2人はまずブルガリアの首都ソフィアを目指しました。藤村は2度目のブルガリア。相変わらず変わっていないなと感じました。まりえは初めてなので、感動しており「なんだか共産圏を感じる建物が多い」と語っていました。
街に到着して電車に乗り換え、ホテルの最寄駅を目指します。ホテルはあらかじめインターネットから予約しておきました。

しかしホテルの看板は一向に見当たらず、一体どこにあるのかと30分近くうろうろしていたところようやく発見。
無事チェックインすることができました。なぜこんなことになったかというと、ブルガリアは基本的にキリル文字であり、英語表記ではありません。また大々的な看板等もなく、外観からはホテルとはわからない作りとなっています。
2人はチェックイン早々、近所のお店にでかけました。まずはビールで乾杯。そしてガイドブックに乗っているおすすめ料理をオーダーします。まりえはブルガリア料理のおいしさにすっかりとりこになってしまいました。

その後2人は旅を続けます。最後はプラハ。プラハも綺麗な町で日本へ帰りたくない気分でした。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る