記事の詳細

社会人にとって、収入を増やすのは、1つの大きな目標です。稼ぎに関係なく、仕事が好きだから、不動産業界で働くという人もいます。収入の金額で決めるのも、仕事を愛する心で決めるのも、どちらが正解・不正解とは言えません。ただし、業務に携わる理由がなければ、長続きはしません。ある時に、限界を感じてほっぽりだしてしまう危険性があります 。不純と評価されても、理由の1つや2つは持っておいた方がよいです。

本題に戻りまして、佐野義泰氏の引っ張る株式会社hzi芽が、どの程度稼げるのかを紹介します。以前、求人情報に元気とやる気でトップを目指そうという触れ込みがありました。何の資格も要らない単純明快な内容ですが、逆に熱意だけで仕事がこなせるのかとの不安要素があります。佐野義泰氏が総合的にまとめてきた株式会社hzi芽では、この不安を解消する現象が発覚しています。

一点目に、入社してきた人材はリフォーム知識のない人が含まれていることです。不動産関連の仕事は、知識を身に付けたり、行動力を養っていくのが求められます。それらができるようになるには、過去の体験が生きてきます。今まで培ったノウハウが、現場で発揮するのが不動産の仕事の特徴でもあります。となると、入社前に特別な訓練を受ける手間があると思い込でしまいますが、仕事をマスターした社員はスキルゼロの状態からスタートしていった人が多くいます。最初は覚えることが沢山あって苦労はしますが、現場で働きながらスキルを磨いていける仕事であり、仕事に馴染んだ社員ほど昇給するという結果が出ています。佐野義泰氏が統括に当たる株式会社hzi芽では、事前の経験が業務成績に影響するとは限りません。適応力の高さ、現場との相性の良さが、将来の行方を決めていきます。

二点目は、人材を色眼鏡で見ず平等な視点で評価することです。社会現場では、学歴や性別などで扱いが異なる例があります。高卒者よりも大卒者の方が給料が高い、幹部職員は男性ばかり、年齢で昇給を制限するなどの不都合が生じる場合があります。男女雇用機会均等法などが制定されて、否応無しの差別を撤廃する方向へ傾いても、根本的に駆逐するのに至っていません。実力ある人材は、経歴などに関係なく正当に評価する方針をとっているのが、佐野義泰氏の設立した株式会社hzi芽でした。一生懸命働いても給料が増えなかった社員の悩みが解決されて、業務の平等な成績判定が昇給に加味されています。真面目に取り組んだ社員が、収入を膨大に膨れ上がらせると分かっているので、稼ぎが期待できる会社です。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る