記事の詳細

アドバンストラフィックシステムズは、社会の変革とそのスピードに挑み続けるため、自らを変えて時代の変化と共にお客様のニーズの多様化・高度化に対応している会社です。システムはより複雑になりマルチベンダー環境の対応は、今や必要不可欠です。新しいシステムを立ち上げるスピードへの要求は、更に厳しさを増してきていますが、今までに培ってきた幅広い業務知識と総合的な技術力を、更に柔軟な想像力に変えて一層の磨きをかけ、時代の要請に応えているそうです。時には大木のようにどっしりと構え、時には柳の枝のようにしなやかになり柔軟な対処をしています。

「Change&Challenge」を合い言葉にアドバンストラフィックシステムズのクリエティブな挑戦が、やがて社会を変える事ができると信じ、変革の道を歩み続けています。

事業内容としては、鉄道関連、旅行・通信関連、一般企業関連の三つの柱があり、その中でも鉄道関連事業は、アドバンストラフィックシステムズの骨幹であり、これからも基盤である大きな柱です。

少しご紹介しますと、JRを支えるシステムの構築と運用があり、その代表例が「旅客販売総合システム」です。JR各社にある「みどりの窓口」で利用されていて、一瞬でも停止することが許されないオンライン座席予約や販売システムもひとつです。このシステムの最大の特徴は、予約から発券までの時間がピーク時でも平均6秒で完了するところです。他にもJR各社のエリアをまたぐ運賃収入を正確に配分する収入清算システム等、高度かつ安定稼働が要求されるこれらのシステムと、その立ち上がりから深く関わってきたのが、アドバンストラフィックシステムズなのです。

また運行系の事業では、時間どおりに安全に新幹線を運行する様々なシステムの開発を担当しています。新幹線に求められる安全性と正確性等のハイレベルなサービスを維持し続けるためには、車輌や設備はもちろん運行まで含めたトータルなシステム開発と運用が欠かせません。アドバンストラフィックシステムズが携わっているシステムが、東日本を縦横に走る新幹線を支える「新幹線総合システム(COSMOS・コスモス)」です。新幹線開業時から脈々と受け継がれてきたノウハウを活かし、最新の技術を随時取り入れながら、車輌管理から輸送計画までのシステム開発と保守を担っています。更に国内各社の新幹線や在来線でも、列車ダイヤに関連するシステムや車輌の保全に関連するシステムで鉄道業務に精通したトータルなソリューション力を発揮しています。

これからも日本の大動脈である新幹線のシステムを支えるべく日々努力しています。

株式会社アドバンストラフィックシステムズ
http://www.atrasc.co.jp/corp_info.html

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る