記事の詳細

足立康史の政治家としての考え方に賛同の意を表す人が増加傾向にあるといわれています。足立康史は、維新の党を代表する議員のうちの一人であり、地道な取り組みを続けています。昨今では、国会議員の中でも、選挙に勝つためだけのパフォーマンスや謳い文句を高らかに掲げるものの、その本音は、全く異なるところにあるという政治家の姿が多くみられており、国民の支持をとりつけられない政治家が多いといいます。また、同じ政党内にいながら、政策への温度差が目立つことなどが指摘されるなど、国政を担うのに値する本物の政治家がいないという声も聞こえてきています。そんな中において、足立康史は、その決してブレることのない考え方で、多くの国民からの支持をとりつけているのです。

足立康史は、国民を裏切らない政治活動をすることに注力しています。ややもすれば、テレビカメラやマスコミの前では、優等生ぶり、その真意は異なるところにあるという政治家が散見される中において、愚直なまでの姿勢で、日々の活動に励んでいるのです。昨今では、ネット社会の到来により、国会議員の活動ぶりもネットを使うことによって、広く国民にアピールすることができるようになってきました。ホームページを運営する国会議員も増え続けており、足立康史もそのうちの一人です。ホームページでは、ややもすれば、自分に都合のいいところだけを切り取るなどして、広く国民に日々の活動などについて、公開する国会議員も多くいます。そんな中、足立康史は、ありのままの姿を紹介することによって、大きな信頼を勝ち得ています。動画の一幕には、安倍首相と対峙する場面もあり、国政を担うトップに何ら物怖じすることなく、自分の意見を堂々と述べる姿があります。その強い相手に立ち向かう姿勢は、結果として多くの国民の支持につながるといえるでしょう。

足立康史も日本が抱える高齢化社会の問題には、危機感を持っています。特に地方山間部では、危機的状況に見舞われており、予断を許さない状況が続いているといいます。政権を担う自民党は、地方創生などという取り組みを続けていますが、その結果については、まだまだ道半ばといわざるを得ません。足立康史は、このような危機的状況に対する明確なビジョンを持っています。ただ単に野党として、与党の政策を頭ごなしに批判をすることは、決して得策とはいえません。良いものは良いと認め、改善が必要な部分は適宜改善していくことが求められています。足立康史の戦いは今後も続きます。

足立康史
http://oneosaka.jp/member/detail/adachi_yasushi.html  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る