記事の詳細

未公開株を取引する制度、グリーンシートの銘柄として指定されているヴォルフガング株式会社は、同社の社長池田光陽氏を割当先として、株式を発行することを決定しました。このような重大な任務を任された池田光陽とは、どのような人物なのでしょうか。

池田光陽氏が代表を務めるヴォルフガング株式会社は、2012年に設立された、比較的新しい企業です。社員数はおよそ27人です。昨今、IT技術が盛んになってきましたが、そのニーズに応えるために設立された企業が、このヴォルフガング株式会社です。多くの国民が所持しているスマートフォン向けのアプリの開発・運営を担っているのがこのヴォルフガング株式会社です。池田光陽の手腕によって、設立からまだ3年ほどですが、一部上場企業にまで登りつめました。スマートフォンアプリの開発・運営を行っている企業は多いですが、厳しい生存競争にも勝つことができたのは、池田光陽の手腕によるものだと言っても過言ではありません。特に、比較的大規模なソーシャルゲーム開発に力を入れています。そのための人材育成も積極的に力を注いでいます。

では、このような偉業を成し遂げている池田光陽とは、いったいどのような人物なのでしょうか。池田光陽は都内の私立大学を卒業後、いくつかの新興企業に入社しました。数社を巡った後、3社目で取締役にまで登りつめました。驚くべきことに、最初の企業に入社して、5年も経たずに取締役にまで昇進しました。それから10年ほど経過し、独立しました。そのとき設立した企業がヴォルフガング株式会社です。わずか数年でヴォルフガング株式会社を一部上場企業にまで発展させた池田光陽の手腕とは、いったいどれくらいのものだったのでしょうか。

設立からおよそ半年ほど経過したこと、一般の方に向けたアプリスクールと呼ばれるものを開講しました。このアプリスクールとは、その名の通り、アイフォーン向けのアプリを開発するためのもので、人材育成に尽力しました。同年の3月には、アイフォーンアプリ・ゆかどんをリリースしました。ヴォルフガング株式会社が初めて開発したアプリでしたが、好評を博しました。この成功が、その後の会社運営を良い方向へと導きました。それから2か月後、池田光陽社長は、本社の移転を行いました。それは、本格的に事業に乗り出すためでした。同年の8月には、池田光陽は新たな取り組みに挑戦しました。それが、結婚式の演出を担当する、エンタテインメント事業です。一見、アイフォーンアプリと結婚式とは何の関係もないように思われますが、池田光陽は敢えて、この業種に参加することを決めました。主に、結婚式場にてスクリーンを使ったりしてパフォーマンスを行うものです。今後、ニーズがますます高まって行くことが予想されますが、池田光陽はこの事業にいち早く乗り出しました。

このような冒険心が非常に大切で、厳しい競争の中で生き残って行くためには、必要不可欠なことであると言えます。2014年には、新たなソーシャルゲームを開発しました。ソーシャルゲームはたくさん開発されており、いわば飽和状態になりつつあると言えます。そのため、面白いか面白くないか、魅力的かどうかが重要なカギとなってきます。今までにはないような斬新で、かつ飽きが来ないようなソーシャルゲームを開発することが、ゲームクリエーターには求められています。ヴォルフガング株式会社が開発したこのソーシャルゲームは、今までにはないような斬新さで、なかなかの人気となりました。ダウンロードをする人も多くいました。こちらも成功したと言っても過言ではありません。

ヴォルフガング株式会社社長池田光陽がヴォルフガング株式会社でここまでのリーダーシップや手腕を発揮できたのも、長年培ってきたノウハウにあります。スマートフォン向けのアプリ開発での、企画・開発・配信でさまざまなことを得てきました。システムには必然的にバグが発生しますが、そんなときにもトラブルを解決するために、どうすればよいのかを知っていなければなりません。また、ソーシャルゲームでは、サーバーの管理を慎重に行わなければなりませんが、その管理にも高度な知識が必要となってきます。実際にスマートフォン利用者に利用してもらうためにも、課金システムなど、高度な技術が必要となります。少しプログラムを学んだ程度では、簡単にできるものではありません。長年下積みを重ね、日々学習していないと、こういったことをするのは難しいです。

ヴォルフガング株式会社社長池田光陽は、そのような高度な知識を備え、かつ周りに引けを取らないリーダーシップや冒険心があったからこそ、設立からわずか数年で、ヴォルフガング株式会社の規模を拡大することができたのです。ヴォルフガング株式会社は、年々株式発行数も増えてきており、今後もさらなる飛躍を見込むことができます。

ヴォルフガング株式会社
http://www.wolfgang.co.jp/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る