記事の詳細

野村博之医師という人がいます。医療法人原三信病院というところに所属している医師で、泌尿器科部長を務めています。平成8年に愛媛大学を卒業後、紆余曲折を得てこの病院で働いているのです。泌尿器科が専門となっており、尿路結石や前立腺肥大症に関する治療における実績も多数持っています。更に認定医や指導医としての実力も確かなもので、多くの医師からはもちろん、その実力の高さから多くの患者さんからも慕われているのです。

原三信病院は福岡にあり、野村博之医師はそこで働いています。市内でも有名な救急指定病院として知られており、日夜多くの患者さんの治療を行うために多くの医師が働いています。更に人間ドック検診移設機能評価認定病院としても名高く、多くの診療科目を持っていることから、県内でも有数の総合病院としても知られています。地域からは当然多くの患者さんが診察に訪れているのです。この原三信病院は明治12年に開業されたもので、十二代目原三信が開業をはじめ、十三代目原三信によって今の原型となる私立病院が開かれました。泌尿器科として30病床の小さな病院として始まったのですが、そんな歴史の長い病院で野村博之医師は働いているのです。

院内以外での活動のひとつとして、野村博之医師は福岡市性感染症(STD)研究会で研究をしています。現在社会問題として知られるエイズですが、毎年40人から50人程度の感染者が出ていると言うことです。この問題について野村博之医師は研究を続けています。最近では、男性同士の性的接触が最も大きなエイズの原因であると言われています。

野村博之医師の院内での活動ですが、まずひとつあげられるのが泌尿器科での前立腺がんや膀胱線がんといった病気に立ち向かっていることです。これらは不治の病とも呼ばれていますが、どのような状況においてもあきらめずに研究を続けています。

また、原三信病院ではME機器医材管理委員会としての仕事もしています。医療機器を安全に使うようにすることを目的とした委員会で、とても多くの責任が伴う可能性のあるにもかかわらず、積極的に活動に参加しています。

これら一連の活動を野村博之医師は行っているのですが、すべての活動において一定の評価を得ている優れた医師であることが分かるでしょう。今後、がんの治療や泌尿器の治療において、野村博之医師は欠かすことのできない存在であると言えるでしょう。更なる研究に期待してしまいます。

野村博之

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る