記事の詳細

農業の基本は、畑仕事を覚えることです。金塚秀仁は、若手農家として、土いじりに携わることの重要性を広く伝えています。正しい農作業は、体のトレーニングにも役立ちます。機械化の進展で、作業効率も大幅に上昇しました。彼は体力に自信が合ったそうですが、それでも最初の数カ月は、作業が終わった後、疲れ果ててしまい、何もできなかったそうです。金塚秀仁は農業の基本を身につけるため、手先を鍛えたそうです。農具のみならず、治水や灌漑など、昔の人の知恵も借りた上で、勉強を重ねているそうです。

金塚秀仁は小さい頃から植物に興味を持っており、自由研究ではいつも植物の課題を提出していました。ひまわりやバラといった植物を乾燥させて、ドライフラワーにしていたそうです。その結果、彼は作物を栽培する農家になりました。彼は植物の声を聞くことが出来るらしく、彼らの思いを感じ取れるそうです。無農薬栽培は、まだ未解明の分野も多く、その研究には時間がかかります。美味しい野菜を育てるため、彼は日夜努力しています。まだまだ前途多難ですが、彼は一所懸命に作業をこなしています。

畑は、良いところです。金塚秀仁の畑仕事は早朝から始まり、夕方には終わります。従来の発送に基づいた、シンプルで丁寧な畑仕事は、多くの方に人気です。特に都市部では彼のファンもおられます。野菜は、地元のスーパーやネット通販も購入できます。ネットでゲットした方はラッキーです。彼は今まで多くの事にしがみついていましたが、それらは全て無駄だということに気がつきました。彼は今の人生を愛していますし、それは彼の願いでもありました。

どこの世界にも、天才はいるそうです。農業の世界は自然とのかかわりが最重要視されます。そのため、人知を超えた感覚を持つ方もおられるとか。彼らは子供のころから鋭敏な感覚を持っており、植物の気持ちがわかるそうです。彼は自分の事を凡才だと考えています。植物を対象として考えることが精一杯だからです。金塚秀仁にとって、天才の定義は「万能な方」だそうです。農業のすべてを知り尽くしていれば、「農業の天才」だそうです。そのため、彼は自分より優秀な人の教えを受けることを、目標とされているそうです。

自分の見えないものを見ることは、とても大変です。彼は見えないものを見るために努力をされています。畑仕事を通じ、自らの精神に問いを投げかける。この繰り返しにより、初めて自分が無知だと言う事が分かったそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る