記事の詳細

織田茂徳は、京都出身の25歳。至って普通のどこにでもいる男性です。趣味は釣りで休日にはよく出かけていきます。ブラックバスを釣ることが好きで、釣りに関してはかなりの知識をもっています。特定の女性もいないので休日はほとんど一人で釣りに出かけていきますが、その他にも織田茂徳は頻繁に読書をします。様々なジャンルの本を読むことが好きで、興味がある内容のものには片っ端から手を出して読み漁ります。一見、人との付き合いが苦手そうに見えますが、織田茂徳は人が嫌いなわけではなく、話をしてみれば気さくな感じです。どのような話にもきちんと耳を傾けてくれるところがあります。

京都市立二条中学校を卒業して京都成章高校へと進学し、そこから京都産業大学へと入学しています。何事にも真剣にそしてまじめに取り組む織田茂徳なので、学校ではサッカーや野球そしてラグビーなどにも興味を持ちました。努力して練習し、自ら上達しようと考えるので、どのスポーツもかなり上手にこなします。織田茂徳はスポーツが好きなので体はそれなりにがっちりしています。清潔感もありながら、どこか男臭い部分もあり、一言では言い表すことが難しい男です。食に関しての執着はありませんが、とにかく織田茂徳は肉が好きで肉料理を食べていれば機嫌がいいのです。

京都市立二条中学校と京都成章高校ではサッカーや野球をして青春時代を過ごしていましたが、京都産業大学に入学するとラグビーに興味を持ち、初心者ではありましたが楽しみながら真剣に取り組んでいました。運動神経も良い彼ですが、勉強の方も同じようによくできました。これは彼が何事も努力することをやめないで続けるからです。社会人になってから趣味としている釣りに関しても、様々な知識を最初に頭の中に詰め込んで、実践に移していくことで、腕前がどんどん上がっていったのです。彼のように何に対しても努力を惜しまない人間は、珍しいと思いますし、真似をしようと考えてもなかなか同じようにはできないものです。

福岡のベンチャー企業で働いており、仕事に対しても常にポジティブな考えをもっています。自身の考えを周りに的確に伝えていく姿には感心すら覚えます。まだ25歳と言う若さですが、これからも彼が進んで行く人生の中には必ず努力と言うものがあって、それゆえに成功していく人間なのではないかと想像します。負けず嫌いな部分もあり努力家の彼に、将来どのような女性が現れるのかということも見ものだと思います。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る