記事の詳細

若いなと思わせる人は増えていますが、矢口敏和もその一人です。学生時代から元々乗馬を楽しんでいたとの事で、確かな腕前だったからこそ、現在40代になってもまだまだ腕前は健在です。乗馬はセンスも必要になりますので、若い時からおこなっていた矢口敏和だからこそ体に染みついているのでしょう。ただ矢口敏和は乗馬だけではありません。いろいろな物に取り組んでいるからこそ、若々しさを保っていられるのです。

最近彼はボルダリングも行っているそうです。ボルダリングは、近年多くの人が楽しんでいるのですが、体力だけではなく頭脳も必要となります。もちろん経験からくる知識も必要になるのですが、知識だけで出来るものではなく、知識を発揮するだけの体力も必要になってくるのです。しかも、さらなる挑戦として、ボルダリングだけではなくロッククライミングにもチャレンジしたいと思っているようです。

社会人になると、趣味の時間を確保することが難しくなります。仕事はもちろんですが、仕事が休みの時などは趣味の時間に充てるのではなく、休息したいという気持ちの方が強まってしまいます。ましてや、体力を使うような趣味の場合、休みたいという欲求に応えたいがために何も出来ないケースも多いです。それもそのはず、仕事で疲れているのに趣味でも疲れるような事はなかなかおこなえないものです。

その点、矢口敏和は仕事はもちろんですが、プライベートの時間も充実しているからこそ、今でも若々しさを保っていられるのでしょう。40代に入り、自分自身はまだまだ若い人間には負けないという心意気を持っているようです。年齢と共に体力が衰え、精神的にもネガティブになってしまったり、若い時とは考え方が変わってくる人も多いです。

男女を問わず、年齢と共に落ち着きが出てくるものですが、矢口敏和は年齢を重ねても常にアクティブです。若々しさを保っている秘訣はその点にあるのかもしれません。仕事をしていると、クライアント等から若いと指摘される事も多いようですが、それは私生活が充実しているからなのでしょう。私生活が充実しているので、仕事にも意欲的に取り組めるようになり、良い成果が得られます。良い成果が得られるからこそ、プライベートも思う存分楽しめるということが言えます。人生の中で好循環を生み出せる環境を自分自身で作り出しているからこそ、充実感を得て若々しさを保っていられるのかもしれません。男が憧れる男、それが矢口敏和です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る