記事の詳細

柯 康仙は埼玉県出身であり、幼少期から多くの時間を埼玉で過ごしています。埼玉県というと一般的に観光資源や魅力が少ないと思われがちですが、彼の話によるとそのようなことは全くないようです。実際に調べてみたり、聞いてみたりしたところ、埼玉県には他県にはない魅力が多くあり、見どころも多いということが分かりました。柯 康仙の出身地である埼玉県の魅力などを紹介します。

埼玉県は関東地方の県であり、人口も多い県です。なんと全国で5番目です。ちなみに上位4県は、同じ関東地方の東京、神奈川、関西地方の大阪、中部地方の愛知の順番です。これらの県が人口が多いことは知られていますが、ここに次いで多いのが埼玉なのです。首都圏へのアクセスも優れている県であり、ベッドタウンとして人気なのが理由の一つかもしれません。

埼玉には、さいたま市大宮公園サッカー場やさいたまスーパーアリーナ、西武ドームなどの施設も多くあります。柯 康仙は小さいころにサッカーをしていて、現在はサッカーではなくフットサルを趣味で行っています。大人になった今ではサッカーを観戦することも多く、よくこのサッカー場に観にいっています。小さいころには、このサッカー場で試合をすることを目標に練習をしていたそうで、思い入れがあるサッカー場です。

また、柯 康仙によるとこういった建物以外にも魅力は多くあるようです。なかでも彼のおすすめは、平林寺です。境内林が国指定天然記念物に指定されているほど、歴史がある寺なのですが、紅葉がとても美しいことで有名です。毎年多くの観光客が訪れており、県内だけでなく県外からも、この紅葉を目当てに人が集まります。特に国指定天然記念物に指定されている境内林はとても綺麗で、もみじによってできているもみじトンネルには圧巻されます。一面真っ赤な景色は、まるで別世界に足を踏み入れたかのような気持ちになるそうです。柯 康仙は、子どものころから紅葉シーズンにはこの平林寺を訪れていたようですが、何度見ても見飽きないと話しています。また、毎年同じ景色を見ていても抱く印象が年を重ねるごとに変化するのが、見る楽しみの一つなのだと語っています。

このほかにも埼玉県には多くの魅力があり、柯 康仙にとって埼玉県は自分が生まれ育った場所でもあるため思い入れを強く感じています。観光スポットや楽しむ場所も多くあるということを、柯 康仙の話によって知ることができました。ここでは紹介しきれていない場所もあり、それらも魅力的ですので一度は埼玉に足を運んで実際に見てみたいと思いました。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る