記事の詳細

スピンボールの打ち方について、戸江達哉が直伝します。まず、スピンとはどんな球をあらわしているのでしょうか。縦回転でボールが急速に落ちるスピンボールは、アウトが少なくなります。また、ボールが急に落ちるので、強く打ってもアウトになりません。急角度でバウンドするので、相手は打ちにくいと感じます。プロはスピンボールを普通に売っています。戸江達哉流のテニス上達法では、プロのスピンボールを参考に打ち方を教えています。

スピンボールを打つ際は、3つのことに気を付けます。下から上方向に振ること、打点はしっかりと前を向いていること、上に振りつつも前方向に大きく振っていることです。実は、スピンボールは意外と簡単に打つことが出来ます。ストロークを上達すれば、スピンは意外と簡単なのです。スピンボールは大きく分けると、3種類に分かれます。

ドライブスピンという真っ直ぐ直線的に打球を描き、相手のベースライン付近で急に落ちるスピンボールです。トップスピンは、山を描くような打球で、アウトになりそうなギリギリで落ちてコートに入るスピンボールです。最後に、ヘビートップスピンというかなり高く打ったものの高いところから急激に落ちるスピンです。

ヘビートップとなると、ラケットを上にフルというより下から上にすりあげるような打ち方をします。スピンの感覚を身に付けると、意外と簡単にヘビートップスピンまで打てるようになります。インストラクターをしていると、よく生徒さんにスピンボールの打ち方を聞かれますが戸江達哉流にお答えしています。ずばり、「下から上に回転がかかるという感覚を身に付けること」です。

相手コートに、下から上へと回転をかける意識を持ち、打つ練習をしましょう。その際に、特にスピードは必要ありません。緩く山なりになっているイメージで、相手コートにゆっくりと回転のかかったボールを打つ練習をします。これを徐々にスピードアップさせていくと、強力なスピンボールを打つことが可能になります。

戸江達哉流スピンボールの練習法としていつも言っていることなのですが、ショットを打つ際のギリギリまで、腕をリラックスさせておくことがポイントです。ガットとボールが当たる瞬間に、下から上に加速させる。そんなイメージです。打つ瞬間のラケットは、かぶせ過ぎないよう注意してください。トップスピンを打つ瞬間は特に、地面とラケットはほぼ垂直にあります。スピンボールのすすめを戸江達哉直伝でお伝えしましたが、スピンボールとスピードさえコントロールすれば、どんな球でも打てるようになりますよ。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る