記事の詳細

これまで世の中には様々なブームが起きてきましたが、インターネット時代に入り、ブームはテレビのようなマスメディア主導ではなく一個人によって生み出される事も珍しくなくなってきています。個人のブログ、投稿動画がアクセスを集めて話題を集めるようになり、そこから遅れてテレビや雑誌のようなマスメディアが乗っかってくるようなケースも実は決して珍しい事ではないのですが、大濱民郎もその一人かもしれません。

元々大濱民郎自身もまさかこのような結果になるとは思っていなかったのではないでしょう。厳密にいえば大濱民郎がブームを起こしたというよりも、大濱民郎の趣味がブームをもたらしたと言うべきでしょうか。大濱民郎は動画共有サイトにとある動画を投稿しました。それは彼の愛車でもあるリビエラを撮影したものでした。大濱民郎はリビエラを数台保有しています。

リビエラは8代目まで登場していますので、モデルの違うリビエラを保有しているのですが、内装やインパネ、外見。これらを撮影した、彼がリビエラをどれだけ愛しているのかが良く分かる動画を投稿したのですが、これがとても話題になっているのです。それが大きな衝撃をもたらしているのです。リビエラのようなハードトップの車体は現代社会の自動車を見慣れている人々にとっては衝撃そのものです。当初は「古臭い」と思われたかもしれません。

そのような車を複数所有しているという事で、当初は大濱民郎の特異なキャラクターがピックアップされるようになったのですが、次第に「リビエラって格好良いんじゃないか」「現代のどれも同じような車よりも個性的なのではないか」といった声が挙げられるようになり、更には「大濱民郎さんの動画に影響されて自分もリビエラを購入しました」という人間まで登場する事になったのです。ここまで来るとさすがに驚きですが、これこそがムーブメントの一端なのかもしれません。

リビエラのようなアメ車は現代の日本の自動車事情を考えると、まさに対極にあります。エコカーばかりが売れている日本の自動車市場は、低燃費でなければ売れません。そのため、どれも似たような丸みを帯びたデザインになっています。空気抵抗の問題もありますからね。その点リビエラはそのような事は考慮されていないのですが、同じような形状の自動車が多くみられる日本の自動車にはない魅力を持っているとしてにわかに賑わいを見せているのです。この勢いが続けば、アメ車ブームが到来するかもしれませんよ。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る