記事の詳細

八ツ田和夫は身のまわりの物にいろいろとこだわりを持っている人物です。そのひとつが音響に関する設備です。
八ツ田和夫は若いころから音楽を聴くことが趣味でした。これは親の影響を受けていて、家にはレコードやCDなどがたくさんあり、いつも部屋のなかには音楽が流れているような環境だったのです。そうして自然に音楽を聴くようになると、できるだけいい音で曲を聴きたいと思うようになりました。スピーカーやアンプは、こだわり始めると多額のお金が必要になるので、イヤホンやヘッドホンにお金を使ったそうです。
実はヘッドホンもかなり高額な商品があるのですが、「音響機器に付属しているイヤホンを、ちょっと高い品に変えるだけで音がよくなるのに感動した」と八ツ田和夫は語っています。
イヤホンやヘッドホンを変えて音質の向上を感じたことは何回もあるそうですが、なかでも特に感激したのはノイズキャンセリング機能のついたヘッドホンに変えたときです。電車や飛行機のなかなど、騒がしい場所でもいい音で音楽を楽しめたそうです。とても気に入った彼は、自宅用にもノイズキャンセリング機能のついた品を買うようにしていて、家族や友人にも積極的に推奨しています。

八ツ田和夫のこだわりは、住宅にもおよんでいます。実家から独立して生活を始めたときは会社の寮に住んでいました。そのあとも長く借家での生活が続き、自分の家を建てるときはかなり資料を集めて勉強しています。
これは住宅が高額な買い物であることも影響していますが、借家暮らしのときの環境が今ひとつであったため、できるだけ品質のいい家に住みたいという考えがあったのです。
冬の寒さが苦手だった八ツ田和夫は、すきま風が入るような家はやめようと考えました。つまり、機密性・断熱性の高さを重視したのです。これにより、冬は外からの寒さを防ぎ、暖房であたためた空気が逃げるのも抑えられる家になりました。この特徴は、夏にはエアコンで冷やした空気が逃げにくいことにもつながっています。お風呂にも彼のこだわりがあり、お湯が冷めにくいように断熱性のある浴槽を導入したため家族からも好評です。
八ツ田和夫はエネルギー問題にも興味があったため、太陽光で発電できるパネルを屋根に設置しました。設置費用を回収するにはある程度の時間がかかりますが、「自分の家で発電しているなんてステキじゃないか」と語っています。近い将来、電気自動車を購入する計画もあるそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る