記事の詳細

最近では結婚式の新郎新婦の母親が着用している黒留袖はほとんど自分の衣装ではなく、黒留袖 レンタルを利用している方が多くなってきました。普段はなかなか着る事のない着物ですから、黒留袖 レンタルをした時には立ち振る舞いにも気を付けなければなりません。着物を着るだけで背筋がピンと伸びたような気持ちになりますので、自然と姿勢は良くなりますが、歩く時には裾が乱れないように少し小股で足をまっすぐ出して歩くように気を付けると良いでしょう。基本的に歩く時はバックを左手で持ち、右手は上前に添えて裾が乱れるのを防ぐようにします。

結婚式場には段差や階段がある事が多いので、段を上がる時は右手で上前を少しだけ持ち上げるようにして少し斜めに上がると裾が乱れたり汚れるのを防ぐことができます。
せっかく着物を着るのですから、立ち振る舞いも昔ながらの日本人の優雅さや美しさを意識してみてはいかがでしょう。

京都衣装レンタル
http://www.kyoto-isyo-rental.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る