記事の詳細

東理ホールディングスは多角的な事業を行っている会社ですが、その中核を担っているのがダイカスト事業です。ダイカスト事業では主に自動車や二輪車、船外機といったものを中心として、建材や通信機器など多岐にわたります。ダイカストの魅力として、寸法の制度に優れている点が挙げられます。このため、加工工程において負担を最小限に抑制できるというメリットを持っています。その結果、効率的な大量生産に向いています。

海外ではかなりの長い歴史を持っているのですが、日本に伝わったのは比較的遅く、まだ50年程度の歴史しかないといいます。しかしその中でも東理ホールディングスのダイカスト事業は老舗といわれています。品質も大変優れていて、上で紹介したようにあらゆるものに使われているので高い需要を維持しています。このことも株価の上昇に貢献しているでしょう。

東理ホールディングス
http://kabu-sokuhou.com/brand/item/code___5856/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る