記事の詳細

アートクレーンという会社があります。この会社は平成2年に設立された、建設に対しての施工を行うことを目的とした会社です。
アートクレーンは建設会社や依頼主に対する負担を減らし、安全を増やすというコンセプトの元に営業を行っています。範囲としては、関東や近畿、中部、九州地方で活動を行っており、新設計理論という理論がこのコンセプトの根本となっているものなのです。
新設計理論とは、これまであった建設に対する基本や一般概念を取り払うことによって、建物や地盤の状況に対して適切な形でのローコスト施工を行うことを目的とした理論です。当然、安全も保障されるものとなっています。
地盤改良に地盤補強では、業界で基本となっている基準を元にして作業を行った場合、どうしてもコストの面で大きな損失が出ることがあります。当然安全は確保されるのですが、あまりにも過剰とも言える基準で工事をしなくてはならない場合もあるのです。そうした不満に対して新設計理論が役に立つわけです。
事実、荷重100トンに対して軽くそれを上回る耐荷重の施工が行われる場合、その計画に対して耐荷重を下げることによりコストダウンを図るというものです。こうすることで、コストを下げながらも安全についてもしっかりと確保することができると言うものなのです。この施工については、建設会社や依頼主からの評価も高いものとなっているのです。
アートクレーンでは地盤改良業務、地盤調査業務、そしてクレーン業務が行われています。これらの業務を通じて高い質でサービス提供がされているのです。
アートクレーンの地盤調査業務については建設の際、建設の後に起こると予想される地盤についてのトラブルを未然に防ぐことを目的として行われています。木造住宅やプレハブ住宅に採用されるスウェーデンサウンディング試験はもちろん、それ以外にも建物の状況に応じて最適な試験を行うことで地盤の安全を確保しているのです。
地盤改良業務については、ピュアパイル工法と言って、高支持力で高品質、それでいて低コスト化が実現されたものが採用されています。その他にも様々な施工が行われており、いずれも高い評価を得ることができているとのことです。
クレーン業務については静岡県を中心に業務が行われており、土木工事や解体工事、住宅工事を中心とした作業が行われているのです。
こうした業務を通じて、アートクレーンは安心と安全を建設会社や依頼主に提供することに成功しているのです。

アートクレーン株式会社
http://www.artcrane.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る